もともと安いけど割引もあるの?

- もともと安いけど割引もあるの?

阿蘇山

もともと安いけど割引もあるの?

格安航空券を利用して旅行する人も年々増加しています。お気に入りの格安航空会社を持っている人も多いでしょう。ビジネスでもよく使われています。そんな風に国内の旅行を支えていますが、もっと安くならないのかと期待していませんか。
せっかくですから、割り引きしてもらえたらなと思う人も多いでしょう。ここでは割引について見ていきましょう。

割引ってあるのか

首里城

そもそも安いのに、さらに割引あるのかと思うかもしれません。使ったことがない人だとそう思うかもしれません。
格安航空会社も正規料金はありますが、それとは別にいわゆる早割もしています。この早割も60日前のようにかなり前からもあり、それを買うほどお得となります。これは大手のJALやANAと変わりありません。さらにお得なのが、大手だと2週間前には早割が終わってしまいます。前日とかだと正規料金となり、高いです。

しかし、格安航空会社となると1週間前でも割引がありますし、3日前や前日も割引があります。割引率は低くなりますが、正規料金よりはお得です。さらに当日も出発の3時間前まで販売しているのが割り引きされることもあります。空席の多いときには急遽サービスとしてさらに格安にすることもあるので、当日飛行機に乗ることになったときには、格安航空会社のホームページをチェックしてみるのもいいでしょう。

子どもや高齢者の割引はどうなっている?

子どもについては、大手だと14歳までの割引があったりします。さらに3歳までだと無料となったりもします。
格安航空会社も基本的には3歳ほどまでは無料となります。ただし、大人1人で子どもが2人だと、座席をとらないといけないので、1人分は支払いとなります。座席をとらなければ割引で無料というわけです。
ただし、3歳を越えてくると大人料金と変わりません。

高齢者については、格安航空会社ごと変わります。専用の料金があり安くなりますが、そのチケットが当日で空席があるときだけ販売と言うところが多いです。当日なので、空港で買わないといけないことがおおく、利用するのに少し不便です。
ごく一部は、2ヶ月前など早めから高齢者割引がきいたチケット販売をするところもあります。こちらは、ホームページや情報サイトや比較サイトをよくみてから、利用するか検討してみるといいでしょう。

返金は不可と考えよう

国内だとかなりの格安となります。なので基本的には早めに予約することがポイントです。
ただし、キャンセルしても返金されないのが唯一のデメリットです。それを踏まえて、格安航空券の割引も利用していきましょう。

  ← 前の記事: