チケット料金の支払いを知っておこう

- チケット料金の支払いを知っておこう

阿蘇山

チケット料金の支払いを知っておこう

格安航空券も私たちの生活になくてはならないものになりました。すぐに浮かぶのは格安航空会社やその航空チケットですが、今だと、大手のJALやANAも大分安く買うことも可能です。
でも、格安航空会社だと、インターネット購入と聞きます。では、その支払いはどうなっているのか気になりませんか。

お店の窓口で買えるのか?

ついつい年齢が上の世代だと、旅行代理店で予約してもらって、そこで支払いなんて言うイメージがあるでしょう。もしくは空港なんてイメージもあるでしょう。
格安航空会社でも、空港カウンターで購入ということも可能です。その場で予約や支払いとなります。シルバー割り引きなど割引も効いて、当日空港でも支払い可能となります。
しかし、空港までいくのは大変です。また、お店では取り扱わないところもあるので、国内の格安航空券はインターネット購入が基本です。

https://youtu.be/70O4T8nrUAI

支払いでのポイントは

支払いをするときに、まずはクレジットカードが使えます。これを使うときのポイントとしては、即時決済となるので、すぐに予約確定となることです。予約しても支払いをしないと、その予約が他の人に取られるケースもあります。支払いが済むと、そんなことはありません。すぐに予約確定したいときには、クレジットカードが便利です。
しかし、即時決済となるので、あとから取り消しが効きません。基本的にはキャンセルしても、返金しない格安航空会社がほとんどです。予約変更やキャンセルするかもと言うときには、クレジットカードの利用はやめておいてください。

もしも変更やキャンセルの可能性があるときには、コンビニ払いを選びましょう。支払い期限が24時間ほどあるので、しばらくは他を探せたりします。ただし、確定していないので、早めに支払うことがおすすめです。
予約をすると、返信メールがきて、コンビニ端末の使い方や入力する番号を知らせてくれます。あとはそれをみながら、その手順で入力すれば、レシートがコンビニ端末から出て来ます。それを持ってレジへいき、支払いとなります。時間はいつでも大丈夫です。

あとは銀行振込もあります。これも他を探す猶予もあり、また期限も24時間など決まっています。なお、銀行の営業時間に左右されるところは要注意です。

確定番号を使えば

支払いをすると、確定番号がメールやコンビニでもらえます。それを当日、自動チェックイン機にいれると、チケットが受け取れます。
国内旅行では支払いを使い分けながら、格安航空券をうまく使いましょう。

  ← 前の記事: